Gifted☆


現在小4の息子が2011年1月にアスペルガー症候群と診断を受けました。数学が好きな息子の記録を残したくてブログを始めました。コメントは承認制です。
by pyanchipon
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アスペルガーだと話す!?

夏休み前の事があり、学校を欠席している間に担任から連絡がきて。

「図書室に子供向けにアスペルガーの事が書いてある本があるんです。クラスでそれを読んで、クラスの子供たちにpyan君がアスペルガーだと話したいのですが。」

(@_@;)なんですと!?・・・・・・と、心の中で驚きながら、冷静に伝えてみました(笑)

「校長先生が"アスペルガーは英語をやっていたせいだ"と、私に言ったように、アスペルガーに対しての知識がある人は少ないと思うのです。
子供たちに本を読み聞かせた上で息子がアスペルガーだと話しても、どこまで理解できるかは分かりませんよね。
きちんとした知識もない状態で"pyanはアスペルガー"ということだけ覚えて家に帰り、子供たちがお母さんに話すのはどうだと思いますか?
お母さんの中でもアスペルガーに対して、ひどく悪い印象しか持っていない人が大半だと思うのです。
結果的に、お母さんたちの中で誤解されたまま噂が広まっていく・・・。
それは、私は望んでいません。
どうしたらよいのか、先生が考えてくれた事には感謝しています。
でも、私はこれを許可できません。」


子供たちに伝える前に、私に話してくれたから良かったものの・・・良かれと思って、すでに行動に起こされていたら一大事でした(+_+)
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-30 11:43 | 学校

お話を書く。

pyanはお話を書くのが好きです。

ハロウィンのお話を下書きし、真っ白な本に書き写して絵も描いていました。
a0225596_11364432.jpg


このような作業をしているときは終始ご機嫌なのですが、テキストを使った勉強になると、とたんにテンションがダウンしちゃうのが悩みどころ(*_*;
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-29 11:29 | その他の勉強

学校が怖い。

今年(小3)の夏休み1週間前の出来事です。

その時間は3年生の学年のクラス、全部に先生が誰もいませんでした。
つまり、3年生は全クラス自習。

その日の夕方、先生から聞いた内容は↓↓こんな感じ。

pyanの後ろの席の子が、後ろからずっとちょっかいを出していて。
それに腹を立てたpyanは、仕返しのつもりで後ろの席の子の鉛筆を取り上げました。
そこに通りかかった第三者の男の子は、「人の物を取っちゃいけないんだよ!」と、言いながらpyanの腕をつかみました。
pyanは腕を強くつかまれた事に驚いて、腕をつかんだ子の顔を殴ってしまいました。
殴られた子は口が切れてしまい、流血。
その血に驚いたクラスの子供たちは大騒ぎ。
その騒ぎに驚いて、教室を飛び出してしまったpyan。
すると、pyanの姿を見た、隣のクラスの男の子が追いかけてきた。
追いかけてきた隣のクラスの男の子は、2年生の時に、グラウンドでpyanのズボンを下ろした子。
何をされるか不安でダッシュで逃げたpyan。


先生もいなかったので、この経緯は子供たちから聞いたのだそうです。

pyanは恐ろしく握力も力もないので、パンチで流血・・・というのは、結構驚きました。
先生からの電話の後、pyanが叩いてしまったお子さんの家に電話をして謝りました。
「気にしないでくださいね!」と、言ってくれるお母さんだったので、一安心。
pyanにも、暴力は良くないことを話しました。

翌日から、pyanは「今度は学校で何をされるのか?」という恐怖心から学校へ行けなくなりました。

とはいえ、夏休みまで後1週間だったので、そのまま夏休みまで欠席し、夏休み中に気持ちを落ち着かせて夏休み明けからは普通に通学できましたが・・・・・・。

各学年の先生が、他の学年の授業を見に行くことがあるのはpyanの姉の時から知っていました。
でも・・・どのクラスにも誰も先生がいないのってどうなんだろう・・・。
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-28 10:47 | 学校

モノポリー

pyanはボードゲームも大好きです(^^♪

これは007のモノポリー(笑)
a0225596_10362452.jpg

pyanは007のシリーズは1回も見たことがないのですが、ゲームをするには支障はなさそうです。
(ちなみに、私個人も007には興味がなく、むか~し、1回見たような見てないような・・・といった感じです)

普通のモノポリーも持っているのですが、この007のモノポリーはある学校の学園祭で100円だったので、衝動買いしました。

英語で書かれているゲームや本などは、買う人が限られるようで、売れ残っていることが多くて。
学園祭やフリマなどの終了間際に行くとすっごく安くなっている事がしばしば。
ありがたいです\(^o^)/
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-27 10:30 | GAME&本&アプリ

知っていてほしいな。

私は日本のドラマってほとんど見る事がないのですが・・・(^_^;)
たまたま1話目を見たので、その後も最終回まで見たドラマがあります。

IS【アイエス】というドラマ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/is/

pyanは時々ちらっと見ている程度。
娘はドラマを見ながら、イジメられたり、偏見を持たれることに「なんで!?ひどい!!」と、同情しながら見ていた。

・・・・・・でも、どうかな?

どうやら娘は、「ゲイ」は理解できないらしい。

私はゲイにもレズビアンにも抵抗はない。
もし、我が子がカミングアウトしてきてもね(^^♪

だから、娘にもpyanにもISだけじゃなく、ゲイにもレズビアンにも偏見は持って欲しくないし、いろいろな人がいることを知っていてほしい。

正直、日本では隠し通す人がほとんどだろうけど・・・。
きっと、苦しんでいると思うんだよね・・・。







ISとは?(IS公式HPより。)

インターセクシャル(インターセックス)の略称。性器、卵巣・精巣といった性腺、染色体等が男性型・女性型のどちらかに統一されていないか、または判別しにくい等の状態。
古くは半陰陽、両性具有などとも呼ばれました。ただ、「IS」「インターセックス」含め、これらの呼称は適切でないとする見解もあり、近年、医療分野では、こうした先天的疾患の総称として「性分化疾患」を用いるようになりました。
性分化疾患には先天性副腎皮質過形成症、クラインフェルター症候群、ターナー症候群等さまざまな疾患があり、その症状も個人によってまったく異なります。時には、結婚してから不妊で悩み、検査して初めて気づくようなケースもあります。また、その性自認も、男性寄りだったり、女性寄りだったり、中間だったり、あるいは男性寄りと女性寄りが時期によって変遷(「ゆらぎ」)したりと、一様ではありません。

性同一性障害は、身体的な性別がはっきりし、身体と自認する性が逆になるものであり、性分化疾患とは別のものです。
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-26 17:52 | 日常

ショックを受けるpyan

今日はpyanの姉の習い事の発表会でした。
当日配られたパンフレット・・・・pyanの姉の名前がない!!

私が先生に話したところ「あ~、すいません。DVDでは直すようにするので」と、へらへら~と返事をしてそそくさと去っていき・・・(ーー;)

で、全ての発表が終わった後に、子供たちが全員ステージ上に並んでいる後ろに、今までの練習風景などをスクリーンに映画のように流すのですが。
そのエンドロールにも名前がない!!

これは・・・どうやってDVDで修正する気なんだ?

しかもDVDは有料でやたら値段が高い!
前回も買いませんでした。だって、娘が映っているのは3,4分程度ですから・・・。

誰よりも憤慨していたのはpyan!
名前がない事を怒りまくる!!
「僕なら名前がないなんて許さない!辞めて他のところに習いに行く!」と。
そうですか・・・。
pyanの怒りもごもっともかもね。
当日は先生もバタバタしていて、きちんとこちらサイドの怒りを伝えられなかったので、改めてどうやってこちらに反省を伝えてくれるのか聞いてみましょうか・・・ね。
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-25 20:20 | 日常

民間のフリースクール

夏休み前、登校拒否になっていたpyan。
市のフリースクールでは小学生を受け入れてくれない・・・という事が分かったので、民間のフリースクールへ見学へ行きました。(7月中旬のことです。)

全国展開をしている「クラーク記念国際高等学校」に併設されている「元気の泉」という場所です。

こちらも、小中学生を受け入れてくれるとの事でしたが、見学に行ってみたところ、現在は小学生ゼロでした。
もともと、ここは学校復帰を目的としている場所なので、生徒数が少ない事は当たり前ではありますが。

見学に行った時にいたのは全員が中3で。
pyanがとぉぉぉぉぉっても小さく見える!!(笑)
中3だけど、小学校へまともに行けなかったから、今、小学生の勉強をしているのだそうです。
生徒数に対して、先生とボランティアの大学生が多いので、ほぼマンツーマン状態で生活できそう。

ただ、HPには「職員は先生でありながら、カウンセラー有資格者です。教育的な指導や助言とカウンセリングを織り交ぜ、有効なサポートをしていきます。」と、書かれているものの、実際はそんな感じは受けませんでした。
友達感覚で、返事もへらへら~っとしていました。
pyanの出した数学の問題を最後まで聞かずに否定した態度も微妙な印象を受けました。

pyan本人は生徒も先生も嫌いって印象はなく。
周りが中学生でも全然OKだと(^_^)
だけど、「どぉ~~しても気に入らない事が1つだけあるから行きたくない。」って言うんです。

何が嫌いか聞いてみたら・・・
ACの「あいさつの魔法」が印刷されたものが教室のいたるところに貼られていることでした(*_*;

311の震災後、「もういい加減にやめてくれ~」ってくらい、ずーーーーっとこのCMが流れていたので、その頃を思い出しちゃうそうです。
他のACのCMも全部嫌いなんですけどね(+_+)

見学後、1週間の体験入学ができるのですが、ちょうど小学校が夏休みに入ったので、そのまま体験には行かず。
でも、また小学校に行けなくなる「何か」があった時は上手に利用できたらいいかな~と。

小学校以外に行き場を見つけただけでも心が少し軽くなった気がします。
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-24 15:40 | 学校

フリースクール

pyanは夏休み前、登校拒否状態になりました。

以前、「小学生と中学生が行けるフリースクール的な場所を市が運営しています。」と、市のHPに書いてあるのを覚えていたので、問い合わせてみたんです。

現実は、「中学生のみ通学可能で、小学生は通えない」

理由を聞いたら「市にお金がないから人件費が限られていて、小学生用のスタッフを雇えないから」だと。

HPに「小学生も通学可能」と書かれている個所は訂正するように要求をしました・・・(+_+)


「では、教えていただきたいのですが、小学生でもイジメや様々な事で学校に行きたくても行けない子供っていっぱいいると思うのです。そういった子供はどうしているのですか?民間のフリースクールは遠方だし、そもそも数が少ないのに。」と、聞いてみたところ、「大抵の場合は、お母さんと家にいます。」という返事。

すごく切なくなりました。
行かせる場所もないお母さんがどれだけいるのだろう?

日本ではホームスクーリングが認められていないので、家にいるだけでは「欠席」扱いになるのです。
全く行かなくても義務教育だから、卒業証書はもらえますけどね。
卒業証書がもらえるならそれでいいのか?
それは各家庭の考え方によると思います。

でも、誰にも相談できなくて、今の子供の状態を受け入れることができなくて家で苦しんでいるお母さんっていっぱいいるんじゃないかな・・・っと考えると泣けてくるし、そういった家庭への対応さえ出来ない市に腹が立ちます。
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-23 18:53 | 学校

泣き寝入りなわけね・・・

市の教育委員会にカルテやWISCを返却してもらいに行った時のこと。

担当の人では話にならないので、上司を呼んでもらったのですが。
その上司は「返却ということは、うちとはもう縁を切るという事でいいですね?」と。

なんだかなぁ・・・脅しみたいな発言だよなぁ・・・と思いながら、「この組織を指導する組織はどこですか?県ですか?」と聞くと、「ここは政令指定都市なので、県からの指導はうけない。ここを指導するところはありません。」という返事。

(@_@;)えええええ?
政令指定都市だと、独立しちゃってるの?
知らなかった・・・・指導する立場もない状態でこんな事をしてるんだ・・・とビックリでした。

「私は苦情を言いに来たんです。指導する場所がなくとも、同じような事を繰り返さないようにしてください。相談に来た人の心をどれだけ傷つけたのかを考えたうえで苦情を市に上げてください。」と、伝える程度になっちゃいました(*_*;


正直ね、その上司もたいして悪そうにしてなかった。

息子のWISCを見て、「は!?この子は天才ですか!?」とか言ったり、おちゃらけてる感じで。

もっと真剣に話を聞いてくれる場所だと思ったのにがっかり。

結局は嫌な思いをしただけだったな・・・(+_+)
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-22 22:37 | 日常

相談 3

市の教育相談に行く際、カルテのような物を事前に書いて持っていく必要がありました。
一緒にWISCの結果も持って行ったのですが。

これらは・・・返却してもらいました。

1度目の相談が終わり、2度目の相談の予約をして帰ったのですが、2度目の相談に行った際、私の担当がダブルブッキングをしていたのです(-_-)

たいして悪いと思っている態度でもなく、「ごめんなさいねぇ」と言いながら去っていき。

その態度に非常に不信感を持ってしまい、もう、その人には相談は出来ないと思ったのです。

仕事の調整をして、予約の時間に行けるようにした事前準備は全てパー。
近所ではないので、車で出かけて行ったのも無駄になったし・・・。
何よりも、信用できない人に「相談」は無理だと思うんです。

相談員って、信用関係を築いてナンボじゃないんですかね?

2度目の予約日は凄く頭に来て、そのまま帰宅。

夜の間にいろいろ考えたけど、結局、そこにまた相談に行こうとは思えず・・・。
翌日、アポイントもとらずに出かけて行き、カルテやWISCの結果を全部返してもらいました。

続く・・・
[PR]
by pyanchipon | 2011-09-21 21:23 | 日常

検索

最新の記事

高いなぁ
at 2013-02-11 20:18
少しIBが知られてきたのかも。
at 2012-06-21 18:50
子育てはお金がかかる・・・
at 2012-06-19 18:29
暗記カード
at 2012-06-17 13:53
すっきりしない・・・
at 2012-06-16 11:10

最新のトラックバック

フォロー中のブログ

あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...

タグ

ファン

ブログジャンル

画像一覧