Gifted☆


現在小4の息子が2011年1月にアスペルガー症候群と診断を受けました。数学が好きな息子の記録を残したくてブログを始めました。コメントは承認制です。
by pyanchipon
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

少しIBが知られてきたのかも。

今日、こんなニュースを読みました。

               

海外大入学資格「バカロレア」 日本語で取得OK
文科省検討

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1901M_Z10C12A6CR0000/


平野博文文部科学相は19日の閣議後の記者会見で、世界の有力大学が入学資格に採用する「国際バカロレア(IB)」を日本語で取得できるよう国際バカロレア機構(本部スイス)と交渉していることを明らかにした。海外留学しやすい環境を整え、グローバル人材の育成につなげる狙いだ。

大学入学資格が得られるIBは語学や人文科学、実験科学、数学など6科目からなり、機構が認定した学校で授業を行う。日本語を使うようにするのは一部で、留学先で困らないよう英語での授業も行う方針。文科省は教員の養成方法や学習指導要領との関係の整理も進める。

 IBは米ハーバード大など世界の有力大が入学資格に採用。同機構の認定校を修了して統一試験に合格すれば資格を得られる。現在は英語やフランス語などにしか対応しておらず、国内の認定校はインターナショナル校など23校にとどまる。政府はIBを取得可能な高校を今後5年以内に200校に増やす目標を掲げている。


               

私は個人的に、IBの勉強のやり方が好きです。

ただ・・・5年以内に200校というのは凄く難しいんじゃないかな・・・と。

IBのレッスンプランを考えられたり、IBらしい教え方が出来たりする先生を今から養成できるかな・・・?

IBの先生をするには特別な資格は設けられていないけど、「IB校で2年間インターンの経験がある」とか、ルールが必要にならないかな?

いきなり高校(ディプロマ)からIBというのもどうなんだろう・・・。

PYPやMYPは受けず、IBらしい勉強方法に慣れていない状態でディプロマ取得するにはもの凄く大変な事になりそうな気が・・・。



不安や疑問はあるにせよ、日本でもIBが少し知られてきたというのは嬉しいと思います(^^♪
[PR]
by pyanchipon | 2012-06-21 18:50 | 気になる記事

子育てはお金がかかる・・・

ロイターのこんな記事を読みました。

米中流家庭の子育て費用、18歳までに1850万円
http://sp.reuters.co.jp/article/OddlyEnoughNews/idJPTYE85E03M20120615


1850万円・・・・(+_+)
アメリカでの子育てってお金がかかるのね・・・。

じゃあ、日本ではお金がかからない?
そんなことないですよね。
私の周りで習い事を何もしていない・・・って子はいません。

学力にも経済格差が問題になっているとTVでもよく言われています。

私自身、我が子の通う中学校と小学校の様子を見ていて、塾に行っている子と行っていない子で学力に大きな差が出ているのは確かだと実感しています。


中学受験をする場合、進学塾に通わせるとお金はどのくらいかかるのか・・・?

ReseMomに(【中学受験の塾選び】SAPIX、特長・スケジュールと費用…4年生)という記事がありました。

4年生:2月〜翌1月の合計531,300円(テキスト代含む)
5年生:2月〜翌1月の合計669,900円(テキスト代含む)
6年生:2月〜翌1月の合計1,209,600円(テキスト代含む)

http://resemom.jp/article/2012/05/08/7606.html

高い(@_@;)・・・・・・と思うのは私だけでしょうか?
私は、中学受験はしていないし、高校受験のためにも塾には通いませんでした。
そんな私は、この金額にはただただビックリしてしまいます。

pyanに中学受験をさせるつもりですが、極力塾には行かないで頑張ってみよう~^^;
[PR]
by pyanchipon | 2012-06-19 18:29 | 気になる記事

高校を2年間で卒業

昨日、Twitterで知ったニュース。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2年で高校卒業検討など方針決める : NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120605/k10015605621000.html

政府の国家戦略会議は、スポーツや芸術などで優れた才能を持つ生徒は、大学などで専門的な教育を早く受けられるよう、例外的に2年間で高校卒業を認める制度の創設を検討することなどを柱とした、教育改革の方針を決めました。

それによりますと、すべての子どもに、みずから考え、判断できる「社会を生き抜く力」を身につけさせるために、小学校から高校までの「6・3・3制」を柔軟に運用し、社会構造の変化に対応するためのシステムを構築するとしています。
具体的には、スポーツや芸術などで優れた才能を持つ生徒が、国内の大学や海外への留学で専門的な教育を早く受けられるよう、例外的に、2年間で高校卒業を認める「早期卒業制度」の創設を検討し、来年度中をめどに結論を出すとしています。
また、文部科学省に申請を出さなくても、自治体の判断で小・中学校の9年間で一貫したカリキュラムを独自に組める「小・中一貫教育制度」の創設を今年度から本格的に検討するとしています。
さらに、大学入試改革を巡っては、現在の入試が暗記力中心になっているという声があることを踏まえて、論理的に考えて回答を導き出せる力を重視した入試への転換に向けて、今年度から検討に入るとしています。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



正直なところ、Giftedに関しては放置するけど、Talentedに関しては特別な措置をとるという、アンフェアな感じをうけている。
[PR]
by pyanchipon | 2012-06-05 08:05 | 気になる記事